めんどくさいとか大変とか言い訳して切り捨ててない?みんなやりたがらないヤフオクの優位性を改めて考えてみたよ!!

SPONSORLINK

ヤフオクって面倒ですよね、写真やら文章やら取引ナビやら・・・。

でもでも、年末ということもあって在庫処分も兼ねてアマゾンのマルチチャネルやら出品できてなかったものやらをヤフオクに一気に格安で登録したんです。

そしたら一年売れなかったものが三日で売れていったり、「色違いありませんか?」とか聞かれたりして、一週間で30万くらい現金化できちゃいました。まぁ利益はほぼないんですけどね。

アレやっぱりヤフオクってすごいんじゃね?と改めて思ったので今日はヤフオクをもう一度見つめなおす感じの記事。

 

ヤフオクのメリットとデメリット

メリットとデメリット

 

色んなところで書かれているのでサラッと要点だけまとめます。

メリット

  • 即金性がある
  • 認知されてる商品じゃなくても売れる
  • セット売りとかおまけ付きとか商品を柔軟にカスタマイズできる
  • 何でも出品できる(当然規約の範囲内という意味で)
  • 最近TVCMとかしてて露出が増えた→集客強化
  • 手数料が安い&消費税がかからない

デメリット

  • 出品するまでの準備が面倒
  • 落札されてからも個別の連絡が必要
  • 個別取引なのでトラブルの可能性はイナメナイ

とこんな感じでしょうか。

改めて並べてみると、ヤフオクってすっごくめんどいですね・・・・(笑)

 

見直したぜヤフオク!!って思ったポイント

ヤフオクを見直したポイント

 

それでも販売チャネルとしてイケてるポイントがあるんです。
アマゾンやその他のチャネルに注力した今だからこそ感じられたことだとおもいます。

 

めんどいからみんなやりたがらないメンドクサイ市場

最近の物販はアマゾンFBAで稼ごうというのがトレンドになっています。ヤフオク実践者ですらアマゾンにウエイトを移してきています。
確かにそれは全然否定しないしむしろその通りだと思うんです。
FBAを使えば発送だったりお客さんとやり取りする必要ないから作業時間が大きく削減できて副業にはもってこいだと。

みんながアマゾンに注力している、それって逆にチャンスだと思いません?
僕もいつも言ってますが、めんどいことはみんなやらない。だからこそやった方がいい、と。

「自分だけのブルーオーシャン探そう」とか言ってる怪しい教材を数万もかけて買うのも良いですが、そんなもんは誰もができるものじゃないです。おっきな紫くらいの海を見つけてその中で自分の食えるフィールドを確保した方が現実的だとおもいませんか。

ヤフオクはまさに紫の海です。

飛び込んだらまだまだそれなりにリターンが見込めるめんどくさい海です。
もう一度飛び込んでみましょう!

 

間口の拡大

スマホの利用者数増加も含めてヤフオクを利用するための入り口も広く変更されました。

  • 2015年5月25日・・・15歳以上から入札&落札が可能に(高校生から落札のみ利用可能)
  • 2015年6月3日・・・かんたん決済を経由してコンビニ決済開始
  • 2016年1月15日・・・Yahoo!かんたん決済の決済手数料改定(無料化)

人によって違うとおもいますが、僕自身は新規のアカウントの人やコンビニ決済をよくみるようになりました。
購入者の分母が増え、また決済方法の選択肢も増えてより買いやすい環境になったと感じます。

 

PR強化

2014年までは一般的な繁忙期とかキャンペーンのときにしかやっていなかったTVCMなどを年中見るようになったと思いませんか?
黄色い服着たお姉さんが踊ってたり、芸能人を起用したり。

ここにきて集客に力を入れてるのを実感できます。

個人で広告をうつとすごくお金がかかるし、効果的に使うにはノウハウが欠かせないのでそれをチャネルがやってくれるのはとても心強いですよね!

 

ヤフオク出品でちょっとだけ楽する方法

ヤフオクでちょっとだけ楽する方法

 

ヤフオクもちゃんとやろうぜ!と言ったってめんどくさいものはめんどくさいのでできる限り楽できるようにしましょう。

 

かんたん取引で出品しよう

決済方法・発送方法の連絡をはぶけるので取引ナビをする回数が激減します。
かんたん取引にすれば発送の連絡だけしか実質しないですみます。
初期設定は数分で済むので徐々に切り替えていきましょう。

最近ではツールにも対応してきているので特に不便は感じなくなりました。

 

送料込み価格で出品してみよう

ヤフオクの発送方法は自由に決められますよね。
郵便だったりクロネコヤマトだったり佐川だったり、最近ではクリックポストもなかなか使いやすいし大きくて軽いぬいぐるみとかだったらはこBOONが最安値ですね。

商品価格はいくらで送料はいくらだから合計いくらで・・・とか計算して連絡するのが正直めんどい。

だったら最初から送料込みの価格で出品して、発送方法はひとつか二つに絞っちゃえばいいんです。
送料として別途お金をもらってるわけじゃないので、どんな方法で送ろうが超過も不足ないです。

 

え、でも送料込みの価格で出品するとその分もパーセンテージで手数料とられちゃわない?

はい、とられます(笑)

でもそれも含めた利益見込んで販売価格に乗せちゃえばよくないですか?
10万円の商品を出品してたら考えたほうがいいですが、数千円だったらそんなに大きな金額じゃないはずです。

 

評価はいらないし、しない

僕は積極的に評価はしていません。

本文に「積極的に評価はしていません。評価が必要な方は当方に評価をしてください。近日中に評価させていただきます」とでも書いておけばいいと思います。
ただ、評価数が100未満の人はあまりオススメしません。悪い評価ひとつで見え方がすごく悪くなるので。

 

落札者からたまーに「評価をくれないので悪い評価とさせていただきます」とかでこっちに悪いがつく場合がありますが、そもそも商品とお金のやり取りをしているのに違うポイントで労力を割くのはナンセンスだと僕は思います。

 

まとめ

ヤフオク、ちゃんと運営したらすごく儲かります。
ビジネスとしてあまり労力を割かずにまわせるインフラが整ったらそんなに苦じゃないです。

切り捨てちゃってる人はすごくもったいないですよ!

 

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!