売れないときには再確認!ヤフオクで正しい出品をして確実に売上をUPさせる5つの秘策

SPONSORLINK

どうももっちーです。寒くなってきましたね。

厚着してマフラーグルグル巻きにしてバイクに乗ると、ほぼ毎回ナンパされるんですがどう対応したらいいのか誰か教えてください・・・。

ヤフオクの売上を上げるには、コレをやっておけばOK!というものはありません。
何かひとつだけをやれば上がるという訳じゃなくて色んなことの積み重ねが売上につながるイメージでしょうか。

そんな積み重ねも確かに大事なんですが、今回は知ってるだけ売上が上がる秘策をコッソリ伝授します。
何気なくご紹介してますが、長年のリサーチの結果なので内緒ですよ!!

有名なブランドものだったりメーカーの家電だったりでも使えるワザですが、一番効果があるのは中国輸入品だったりノーブランド品などのいわゆる「有名じゃないもの」に使えるので是非活用してください。

 

出品期間は一日がベストな理由

出品期間は一日がベスト

 

出品期間は何日で設定していますか?

1日~7日の中で設定できますが、ココは一日に設定しましょう。毎日再出品&毎日終了です。
その理由もご説明いたします。

 

常に「New!!」

そう、常にNew!!

ヤフオクではシステムで新たに出品されたもの、つまりNew!!が上位表示されやすくなります。
二日目~終了日前日までは無印だし、無条件で上位表示に優遇されるのは終了日だけです。

つまりNew!!がついてるだけで数日で出品してる人よりお客さんの目に触れさせることができます。

 

毎日が終了日

一日出品はつまり毎日終了するということです。
ちょっとでもヤフオクをやっているとお分かりかと思いますが、入札が入ったり競りが始まって価格が上がるのは終了間際の数時間です。

毎日終了するということは、入札が入る可能性が毎日発生します。
またヤフオクのシステムでは終了時間間近になると上位表示されやすくなります。終了時間で並び替えをする人も結構います。

 

お客さんの目に入りやすい位置に表示されやすくなって、さらに入札が入りやすくなるので一日出品をしない意味はありませんね。
PPC広告などのネット広告では上位表示が最優先事項です。誰かの目に入ってくれないと何にも意味がないんですね。
それはヤフオクでも一緒なので、すぐに出品期間を変えましょう!

 

でもちょっとしたデメリットもあるんです・・・

些細なことなんですが、デメリットというかめんどくさいことがあります。

それは、ヤフオクの自動再出品は三回までしかできないということ。
つまり4日に一回は再出品を手動でしないといけない。

まぁでも、オークタウンとかアップツールとかでスマホから100個単位で再出品ができるので作業自体はそんなに手間じゃないんですけどね。

 

終了時間、気にしないと売れないですよ

出品期間が一日がいい理由

 

21時から24時の間に終了するように設定しましょう!っていうの結構見ませんか?

まぁ確かにその通りなんですが、扱っている商品によって変えたほうがいいですよ。

例えば・・・

オフィス用品や文房具を扱っていたら夕方17時くらいを終了にしてみる、とか
キッチングッズやベビー用品を扱っていたら15時くらいを終了にしてみる、とか

何が言いたいのかと言うと、

ターゲットになりうる人の買いやすい時間帯を終了にした方が当然落札されます。21-24時だけがいいわけではないので自分の商品を見て設定してみてください。

 

出品価格だけで在庫管理と機会ロスをなくして売上をアップさせる方法

価格調整で売上アップさせる方法

 

価格設定ってめっちゃ悩みますよね。
だってそりゃあできるだけ高く売りたいし、でも高すぎたら売れないだろうし、じゃあ一体いくらならいいんだろうか・・・とグルグル考えは回ります。

価格設定のポイントは、高く設定して売れなければ徐々に下げていくのがいいんじゃないでしょうか。
毎日出品だったらすぐに価格も変えられるし、いくらで売れるかなんて出品してみないと分からないです。

さぁコレで価格設定ができました!ついでに次の二つも価格に盛り込んでみてください。

 

出品価格と即決価格を同じにする

例えば、出品価格が1000円だったら同時に即決価格も1000円で設定しましょう。

えっ、オークションなのに即決で終わらせるの?
1000円以上になるかもしれないのに、損をしてる気がしない??
これになんの意味があるの???

 

はい、ちゃんと説明しますね。

ヤフオクでは当然オークションサイトなので入札が入れば競り合って思いもよらないような価格で落札されたりすることがあります。これぞオークションの醍醐味ですよね。

 

ただ、ただですよ。
その商品、複数入札はいりますか?何人もがその商品を欲しいと思いそうですか?
もしそうなら、当然オークション形式の方がいいですね。価格も上がるでしょう。

でも、もしそうじゃないなら、具体的には中国輸入品やノーブランド品がヤフオクの中でみんなが取り合うような価格になったり競り合いになってるのなんて僕は見たことありません。
業者の自作自演なら結構見ますけどね(笑)
つまり実際のトコロは思わぬ入札がたくさんはいって価格が高騰することなんて、十中八九ないんです。

 

だったら、出品価格と同じ価格で即決価格をつけましょう。
これでその商品を気に入ってくれた人は、入札=買うなのですぐに手に入れられます。
すぐ手に入る、必ず自分のものになるというのはヤフオクの中では大きなメリットです。

出品価格=即決価格で設定することで、その商品を欲しいと思っている人にすぐに購入してもらえるようにしましょう。

 

在庫管理を価格に隠して連動させよう!

みなさん在庫管理ってどうやってやってますか?

エクセルで帳簿をつけて正確に管理するのは大前提ですが、売れたらそのエクセルを確認してあと何個あるからこれは再出品、これは売り切れとかやってませんか?
出品数が少ないうちはそれでもいいのですが、一日に売れる個数が10個を越えるあたりからだんだん管理できなくなってきます。

在庫がないのに出品して売れてしまったら購入者に迷惑がかかりますし、評価にも響きます。
反対に在庫があるのに出品されてなければ自ら大きな機会ロス作っているようなものです。

それを商品価格をちょっといじることで解決できます。

例えば在庫を10個持っている商品で1000円程度で出品する場合だとしたら、
一個目は1010円で出品(残り10個)
二個目は1009円で出品(残り9個)
三個目は1008円で出品(残り8個)
   ・
   ・
   ・
   ・
九個目は1002円で出品(ラスト2個)
十個目はは1001円で出品(ラスト1個)

このように価格を設定することで売れた商品があと何個在庫を持っているのかをすぐに把握することができます。

 

 

  • 出品価格=即決価格にする
  • 在庫数を反映した価格設定をする

この二つは売れ行きを加速させ、さらに機会ロスを減らすことで回転率・消化率が大きく改善します。

 

値下げ&値上げを定期的にしよう

ヤフオクで購入する人は少しでも安く買うことを考えています。
ウォッチリストに入れている人の何割かは値下がりするのを待っている人なんですよね。

なので、定期的に価格を上下させましょう。
30%OFFとか大きい金額なんかじゃなくて全然よくて100円とかでOKだと思います。

 

注目のオークションを効果的に使えてますか?

注目のオークションを正しく使おう

 

唯一目に見えて効果が分かるヤフオクの有料オプション「注目のオークション」。
使っている人は多いとは思いますが、正しく使わないと効果も半減なので参考にしてください。

 

ラスト一日をきったら設定しよう

注目のオークションは一日に対して上位表示させるオプションなので、入札が集中する最終日に向けて設定しましょう。

 

1ページ目に入るようにしてますか?

上位表示させるためのオプションなのにお金をかけて設定したにも関わらず、1ページ目に表示されていない場合はあまり効果がありません。
設定する前にいくらかけたら何番目に表示されるのかを確認しましょう。

1ページ目に表示させるために数百円かかる場合、僕は20円で設定するか出品カテゴリー自体を変えます。

 

注目のオークションを見て買う人には二種類いる

すぐに買う人と、ウォッチリストにいれて考え中の人の二種類です。

で、このすぐに買う人っていうのは実はあまりいないんですよね。当然商品によっても違うと思いますが。

「明日売りたいから今日注目のオークションをかける!」というのはあまり現実的じゃないんです。
だから大事なのは普段からちょっとづつ注目のオークションをかける、ということです。

ちょっと気になるなぁって思ってくれる人を積み上げていくイメージです。

 

入札を誘導して人気店舗を演出しよう

人気店舗を演出しよう

 

自分が何か商品を買う場合、別の商品でも入札が既に入っているセラーと入札ゼロのセラーの二人がいた場合、どちらのほうが信用できると思いますか?

なんとなく前者の方が信用できますよね、みんな買ってるし安心できる気がしますよね。

反対に販売者のときにも、ひとつ入札が入ると立て続けに別の商品に入札が入って売上が急に増えたみたいな経験もあるかと思います。

そうなんです、ひとつでも入札が入っていると芋づる式に入札が増える傾向にあるんです。

コレを利用して売上を伸ばす方法をご紹介。

 

入札を演出する方法1 |人気商品を適正価格で1週間で出品する

メーカー品やブランドものなどのいわゆる人気商品を期間は一週間でオークション形式で出品します。

当然名前のある人気商品なので入札が入り一週間の間安心の広告塔として働いてくれるし、オークション形式なので仕入れた価格より値上がるかもしれない。

どんな商品を広告塔にすればいいのかというと、簡単に仕入れられて割引して買えるものがいいと思います。
具体的には家電量販店でポイントカードを使って買うとか、百貨店のセールで買うとか、です。

そんなに高いものの必要はないので、買った価格で売れる商品を仕入れればいいと思います。

 

入札を演出する方法2 |在庫数を2以上にする

在庫数を複数個で出品すれば、入札してる人の数だけ入札数も増えます。

ガンガン販売していく商品と広告塔として使う商品を分けるのもアリだと思います。

 

演出する際にやっちゃイケナイこと

入札数を増やそう、とだけ聞くと悪いことも思いついちゃったりしますよね。
えっ僕だけでしょうか・・・(笑)

全部規約違反なのでやらないようにしましょう。

  • 複数アカウントでの入札操作
  • 一人で何回も入札
  • 在庫がないのに複数個出品

 

まとめ

5つの秘策とかいいながらも内容が濃くなりすぎちゃいました・・・。
有料級の情報だと思います。

写真とか説明文とかの出品をする前の作業ももちろん大事なんですが、今回は出品したあとに簡単に修正できるものばかりなのでやってみてください。

もっといいやり方があったらコッソリ教えて下さい。

コッソリですよ!!!

 

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!