時間と労力の効率化がハンパないっ!無料で使い倒せるヤフオクツール5選

IC_無料のヤフオクツール5選
SPONSORLINK

ヤフオクで出品するまでの間でツール使っていますか?

出品数が数十個くらいだったらひとつずつ作業してもどうにかなりますが、これが100個を超えてくるあたりからさすがに時間効率が悪くなってきます。
再出品とか1つずつポチポチするのは正直言って時間のムダです。ツールを使えば100個くらいならワンクリックで完了です。
他にも使うだけで時間効率が格段にUPしたり、ひと手間加えるだけできれいな画像にできたりなど色んなツールがあります。

全部無料なので、使わないと色んなところで損をします。

今回は出品する前の準備段階と、出品した後の管理段階に分けて、僕が実際に使っているツールをご紹介します。

慣れるまではちょっと手間かもしれないけど、使いこなせるようになったら

「今までは何だったんだ・・・・!!!」

ってなるので是非使ってみてくださいね!

 

準備段階編

出品の準備段階

 

出品作業に取り掛かる前段階です。

ココの段階が正直ヤフオクのしんどいところであり、デメリットというか大変なところです。

でもツールを使うことで作業以上の効果が出ますので是非使ってみてください!

 

画像加工

GIMP

無料の画像加工・編集ソフトの中では一番の有名どころじゃないでしょうか?

有料のAdobe Photoshopには当然見劣りする部分はありますが、無料で使えるソフトの中では一番性能が高いし僕はフォトショップも使ってましたがGIMPに変えてから特に困ったことはありません。

そして結構大事なポイントなんですが、世界中でたくさんの人が利用してるツールなのでネットで検索すればたいていの疑問や問題は解決します。

例えばコチラのサイトとか、synclogue-navi様とか。

実際にヤフオクの画像加工で使うとしたら、トリミングして背景を白にしたり、画像転載防止用に独自のクレジットを画像に入れ込んだりできます。

 

XnView

画像管理ソフトで、色調・明るさ・コントラストなどの調整からリサイズやファイル名変換・モザイク・トリミングまでできるソフト。
ウィンドウズに標準でついてるマイピクチャーの完全上位互換といったところでしょうか。

便利なのは、指定した画像を一括変換できるところ。
時間短縮間違いなしです。

僕は写真のプロではないので難しいことは分からないですが、ひとつだけ痛感してることがあります。

それは写真は光が命、ということ。

コレを使えばあとから細かい明るさの設定などができるので、写真を撮る段階で一投入魂ならぬ一写入魂しなくてもいいからちょっと余裕ができますよね。
「イマイチだから撮り直しっ!」と100点満点を目指すより、70点で切り上げてXnViewで修正して80点の写真を掲載した方が良いです。

ただし画像圧縮は次に紹介するツールを使った方が良いです。

 

画像圧縮

Caesium

ヤフオクの画像は1枚につきサイズは600ピクセル以下、容量は3MB以下しかアップロードすることができません。
せっかく頑張ってキレイに撮ったのに写真を圧縮したら、ガビガビできたない画像になって悔しい思いをしたことありませんか?

それを解決できるのがこのCaesium

海外のサービスですが、インストールの最中に言語を日本語に設定できます。

何が良いのかというと画質をあまり落とすことなく、圧縮が可能なのです!
(特殊なアルゴリズムがなんとかかんとからしいですが、僕は詳しいことは分かっていませんスミマセン)

また圧縮する前に圧縮後のサイズを確認できたり、リサイズ機能もあるのでコレひとつで画像圧縮系は全部カバーできちゃいます。

対応形式は、入力が BMP / JPG / TIF / PNG / PPM / XBM / XPM で、出力が JPG / BMP / PNG。

 

テンプレート

構図もかっこよくて画質もめっちゃよく写真が撮れたのに商品説明が改行なしで要点が分からない文章だったらとっても残念です。

商品説明はテンプレートを使ってキレイに見やすくしましょう。

こちらの記事↓でまとめていますので是非ご活用ください。

たったひと手間で信頼度UP!無料で使えるヤフオクテンプレート10選

2015.07.29

 

出品管理編

出品を管理する

 

写真も全部撮った、商品説明もテンプレでバッチリ作った、さぁこれから一個ずつ出品だ!
と、いきたいところですが出品もツール使ったらすごく速くできますし、ポチッとしたら放置の時間ができるのでその時間を別の作業に使えるので良いことしかありません。

 

オークタウン

色んな出品管理ツールがありますが、僕はこれを使っています。
理由はカンタンで、余計な機能がなくてシンプルなのと、1ページで商品を100個単位で管理できるからです。

新規出品から価格や期間を調整して再出品までをこれ一つで管理できます。

新規出品は画像とエクセルファイルをCSV形式でアップロードしないといけませんが慣れたら大したことないです。
オークタウンを活用しないで、それから先の手間を考えたら使わない手はないくらいです。

 

もう一つ便利な機能が取引ナビの定型文記憶機能です。
落札されてから最初に打つ文章って値段以外はほぼ決まっていますよね?あとは銀行の口座番号とかの情報も何個も口座を持っている場合は入れておくと便利です。
そういった文章をあらかじめ入力しておくことですぐに呼び出せるんです。

クラウド型なのでログインすればどこでもスマホで再出品などができます。

 

tamago

これもオークファンと一緒で管理ツールです。

なんで管理ツールを二個も使っているのかというと、

  • 全出品商品を一覧で見れる
  • 注目のオークションや早期終了・出品取消を一括でかけることができる
  • 価格・アクセス数・ウォッチ数順にソートできる

からです。

オークタウンでは1ページに最大100個までしか表示できないし、並び替えはできるんだけど100個の中でしかできないのでそれ以上出品してたら結局意味ないんですよ。
全商品の中からアクセスが多いのにウォッチが少ない商品を並び替えて注目のオークションを設定するとか、この3万円のキーホルダーを売りたいから注目のオークションだ!とかがやりやすいんです。

なので僕は新規出品と再出品はオークタウンでして、注目のオークションとアクセス・ウォッチの管理はtamagoでしてます。
もちろんtamagoのみで新規出品や再出品をすることもできますが、僕の主観では分けた方が効率よかったです。

デメリットはダウンロードタイプなのでPCが必要なことと、商品を読み込むのに時間がかかることぐらいでしょうか。

 

まとめ

いかがでしょうか?

既にヤフオクで出品をしている方でしたらご存じなツールもあったと思います。
それほど特別なものではないんですよね。

効果的に使えているか、だと思います。

使いこなせたときに「今までは何だったんだ・・・・!!!」って絶対思うはずです。

全部無料で使えますので、是非使ってみてくださいね!

 

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!