Amazon価格改定ツール「プライスター」で売上を20%UPさせて作業時間を9割カットさせよう!

Amazonで商品が売れるには最安値近辺に設定しないと自分の商品は売れてくれません。

もちろんカート獲得には評価や在庫数も関係していますが、評価はすぐにはどうにもならないし在庫数も多く持てばいいわけでもないですよね。

既にFBAに在庫を持っていて競合より評価が負けている場合、もう価格を調整することしかうてる手はないんです。
つまり、価格改定を適切に行うことがカート獲得の第一条件とも言えます。

 

商品数が少ないときは手動で一日二回くらい調整すればいいですが、商品数が100種類を越えたあたりからもう根気と時間との戦いになってきます。

そこで今回ご紹介するのはアマゾンの在庫の価格を自動で改定してくれるツール「プライスター」です。
僕は実際このツールを使って

  • カート取得率は最大26%UP、平均で約14%UP
  • 売上は120%に
  • 利益は129%に
  • 価格調整に費やした時間9割カット(三日に一回30分ほど)

こんなにも絶大な効果がありました。

このツールはもう必須レベルだと思います。
是非活用して売上も利益もUPさせましょう。

 

価格改定ツール「プライスター」の詳細はコチラ

プライスタートップページ

 

プライスターを使ってできること

プライスターでできること

価格改定ツールといっても有料ツールなので他にも色々できることが多くクオリティが高いです。

僕は他にも価格改定ツールを使っていたことがありますが、プライスターにしかない機能もあります。

導入するメリットを個別に見ていきましょう。

 

15分間隔で価格改定

設定した金額に対して15分間隔でマッチングをしてくれます。
これはもう人力では無理なレベルですよね。

細かい価格の修正をしてくれることで、それまで費やしていた時間を別のやるべきことに注ぐことができます。

 

上方修正もしてくれる

プライスター以外のほとんどのツールにはこの機能がついていません。

どういう機能なのかというと、例えばある商品を3000円で出品してたとします。
価格競争になって価格が2000円まで下がったとします。

で、競合の商品が完売して2000円で出品してるのが自分だけになった場合、ほとんどのツールは2000円から何もしてくれません。
だけどこのプライスターは仮に二番目の出品者の価格が2500円だった場合に自分の価格も2500円に調整してくれます。

価格を調整してくれるのと同時に利益額も最大限になるようにツールが働いてくれます。

 

状態合わせ機能が秀逸

FBA出品、自己発送、最安値、カスタムなど商品ごとに設定可能です。

僕は基本的にFBAカート価格です。
FBAのカート価格に合わせることで常にカート価格に対して自分の商品価格に追随してくれます。

カスタムではより細かい設定が可能で、例えばカート価格に追随してなおかつその価格に10%の金額を上乗せした金額に調整するなんてできます。
これによって最安値ではなく常に二番手にしたい、なんて調整もできます。

 

コンディション別にも対応

新品はもちろんですが、中古商品にも対応しています。これも対応できるツールが少ないです。

例えば自分が「非常に良い」の中古品を5000円で販売しているとします。
調整の設定がそのままだと他のコンディションの出品者にも価格調整をしてしまいます。
「非常に良い」の5000円が「可」の2000円に合わされてしまうんです。

この場合でも状態合わせによって同じコンディションの商品にのみ価格を調整することが可能です。

 

赤字ストッパー

これもプライスターだけの良い機能。

自動で価格を調整してくれるのはすごく助かるけど、処分価格とか間違えた価格とかにもついていってしまいます。
それを解決してくれるのが赤字ストッパーです。

一万円で出品した価格に対して赤字ストッパーを9000円に設定しておけば、カート価格が9000円以下になってもそれ以下に調整されることはありません。

 

売上管理

売上はもちろん仕入金額や利益率も表示してくれます。
エクセルで管理するのとは別に速報として見るには使いやすいです。

グラフも視覚的に積みあがっていくのが目に見えるので分かりやすいですね。

 

かんたん出品機能

プライスター上からも出品作業ができます。

ASINやJANで検索するのは一緒ですが、説明文や状態を記憶できるので何回も同じことを書かないでもよくなります。

 

リピート機能

プライスターに出品した商品や売れた商品のページのリンクからヤフオクのページにそのままワンクリックで飛ぶことができます。
ヤフオクのリサーチは手順が多いので一回で飛べるのはすごく時間短縮になります。

並行輸入で仕入れた商品もここで検索すると結構国内で安く仕入れることができるのでたまに確認して見てください。

 

プライスターを使うメリット

プライスターを使うメリット

これまでは機能としてプライスターを使う利点をみてきました。

でもまぁ有料ツールなんで機能がちゃんとしてるのは当たり前。

実際に導入する前に知りたいのって「いいツールなのは分かった、でもコレじゃなきゃいけない理由は何?」というのが大事なところですよね。

 

 

時給約8円で費用効果抜群

月額5800円で利用できます。(初月は無料です)

この金額自体が安いかどうかは今現在いくら売上があるかによると思いますが、これを外注さんにお願いした場合は大体月に4万円くらいかかっていたので、それと比べると費用効果ご理解いただけると思います。当然ツールなので正確さも折り紙つきです。

365日24時間働きづめで昇給させる必要もなくミスもしない社員を月に5800円で雇うことができます。
時給換算だとなんと8円です。

 

運営会社に継続性があって安心できる

他にも価格調整のツールを提供する会社はあるんですが、正直言って実際のところ連絡先が分かりづらかったりどこに支払いをしているのか不明瞭だったりする会社ばかりです。
ツールをリリースしたけどそのひとがアマゾンでの販売をやめてしまって管理者不在のままネットに販売ページだけ残ってるツールもいっぱいあります。

その点このプライスターはプライスチェックを運営する会社が提供しています。また最近は安定したサービス提供のためにサーバーの強化工事をしたばかりです。システム上に不具合が起こればすぐにメールとツール上で不具合が報告され、アップデートも頻繁に行われています。

普通のことだと思うでしょうが、ネットのみで受けるサービスはアフターフォローがイマイチなものが多いし連絡しても無視されることもしばしばです。

プライスターはそんなことありません。
連絡すればすぐに返信がちゃんとくるし、信頼できます。ツールも同様です。

運営会社が信頼できるかはとっても大事な要素です。

 

さいごに

ツールはほったらかしで儲けさせてくれるものではありません。
だけど、正しい設定をした上で意思を反映させることで確実に効果が出るものです。

今なら30日間無料で使えるので是非テストして見てください。

手動で調整していた時間はなんだったんだと実感できること間違いなしです。
ツールに任せられるところは任せて、自分しかできない仕事をしましょう。

 

価格改定ツール「プライスター」の詳細はコチラ