必ず見ろ!アマゾンのビジネスレポートは儲かるヒントが簡単に見つかるぞ!

SPONSORLINK

もっちーです。いつも見ていただきありがとうございます。

ここに来ていただいているほとんど方は既にアマゾンで販売をしているかと思います。
毎日売上を上げるためにどうしたらいいのか考えたり、少しでも利益の高い商品をリサーチしていることでしょう。

そんな風に新しい方法やまだ知らない事柄を探求するのは素晴らしいと思いますし、ビジネスとして絶対必要なことですよね。

 

それもすごく大事なことなんですが、あなたはもう既に大切な情報を持っているんです。

それがアマゾンのビジネスレポート。

意外と活用できている人が少ないので、しっかり確認できるようにしましょう。

 

Amazonビジネスレポートを活用しよう

ビジネスレポートを活用しよう

 

セラーセントラルのページからレポート⇒ビジネスレポートで見れます。

特に重要なのは「詳細ページ 売上・トラフィック」で確認できる「カートボックス獲得率」です。
逆に自分で商品ページを作った新規出品などは「セッション」が初期段階では大事です。

  • 表の右上あたりに期間を指定可能
  • 列の見出しをクリックで並び替えが可能

この表で分かるカート取得率は他では見ることのできない重要な情報です。
十分にカートを取れていれば問題ないですが、あくまでも目安として20%をきっている場合はてこ入れが必要です。

商品ごとに確認して現在のカート価格についていくように設定するか、ポイントをつけて価格競争に参加するようにしましょう。
月に二回ほど定期的に自分の扱っている商品の数値検証をしましょう。

 

Amazon価格ダッシュボードを確認しよう

価格ダッシュボードを確認しようチェック

 

セラーセントラルのページからレポート⇒価格⇒価格ダッシュボードで見れます。

ここでは

  • ショッピングカートボックス獲得率・・・全部の出品商品に対しての獲得率
  • 価格の競争力・・・カート価格に対してどれだけ追従しているかの目安
  • コンバージョン・・・ページビューに対しての受注数の割合

を直近一ヶ月分確認できます。

ビジネスレポートで確認できる内容のトータルの数字が確認できます。
ビジネスレポートはがっつり腰をすえて検証に使うのに対して、価格ダッシュボードは毎日の売上とともにこまめに確認するようにしましょう。

 

Amazon出品サービス掲示板を活用しよう

出品サービス掲示板を活用しよう

 

コチラのサイトをご存知ですか?

アマゾンが出品者向けに運営している掲示板で、セミナーとかでも頻繁に登場するものです。

出品や売上を上げるためのコツが書かれています。
ですが、それよりも大事だと僕が思うのは、「出品おすすめ情報」!!!!

これをリサーチしなおすだけで相当利益の出る商品が見つかります。

  • カート不在の商品
  • メーカー直販で現在品薄商品
  • 売れ筋商品
  • シーズン商品の現在品薄商品

のANIS・JAN・商品名・出品数・FBA出品者数・最低価格・FBA最低価格がエクセルでダウンロードできます。
リサーチを外注している人なんかはこのエクセルごと外注さんに投げてリサーチしてもらうだけでリサーチがはかどります。

 

 

その他の有効活用できる項目

その他のレポートも確認しよう

 

まだまだ活用できるデータがアマゾンにはあります。

 

返品された商品を再販しよう

購入者から返品されて再販不可になっている商品は所有権破棄ではなく、必ず一度手元に戻しましょう。

なぜかと言うとほとんどの商品は不良品じゃないからです。

返品された際にFBAで新品では再販できないだけです。
僕も最初は破棄してたんですが、高額商品の返品に納得いかなくて返送したことがあったんです。
そしたら、開封すらされてませんでした。なぜ初期不良で返品したのか・・・。

返品商品でそのまま新品として売ることができる場合は再度FBA出品をしましょう。
開封品で使用可能の場合は中古としてアマゾンかヤフオクなどで販売しましょう。
不良品は破棄するか、処分価格でヤフオク出品もアリだと思います。

アマゾンって結構返品ありますよね。返品自体はいいんです、アマゾンが認めちゃってるんだから。
でもセラー個人目線で見ると返品分のケアを怠るとトータルで結構な割合が損失になるのでしっかり管理しましょう。

 

在庫切れの商品を再リサーチしてみよう

ただ単順に今まで売れたもので今在庫数が0のものを再リサーチするだけです。

何もしていなければ、セラーセントラルのページからレポート⇒在庫⇒FBA在庫で見れます。
「販売可/発送可」のタブを昇順にすれば在庫数がゼロのものが上にくるので、その商品をただひたすら見るだけです。

意思もやる気も必要ないのでポチポチし続けるだけで意外といい商品を再発見できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は特別なツールもテクニックもひとつも使っていません。
全てセラーセントラルかアマゾンが提供するサイトだけで完結してます。つまりセラーとして販売してたら誰でも見ることができるんです。

知らなかった!という方は是非確認してみてください。
ここを見るだけでアナタのビジネスの状態を正確に把握できます。数字は嘘つかないので!

 

 

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!