並行輸入品と正規輸入品の違い 知らないとアマゾンアカウント停止のリスクもありますよ!!

SPONSORLINK

どうももっちーです。こんにちわ

突然ですがみなさんは「並行輸入品」と「正規輸入品」の違いってご存知ですか???

輸入ビジネスはその言葉の通り輸入品を扱っていますが、そのほとんどは「並行輸入品」になります。対して日本にある正規代理店が販売しているものは「正規輸入品」です。

輸入ビジネスとして仕入れる場合だと正確にその違いを理解していないとアカウント停止のリスクもありますし、自分用に購入する場合でもその違いをちゃんと理解していると役に立つこともあると思います。

違いが分からなかったという方は今回の記事でキッチリ理解してくださいね!

 

並行輸入品と正規輸入品

並行輸入品と正規品の違い豚

 

それではふたつの違いを見ていこうと思います!

 

正規輸入品とは

日本にある法人や正規代理店などが、海外メーカーやブランドと契約関係を結び直接買付けて、日本に流通させている商品です。

イメージだとこんな感じです。

海外メーカーやブランド

日本法人や正規代理店が輸入 ⇒消費者

小売店や販売代理店  ⇒消費者

 

並行輸入品とは

対して並行輸入品とは、日本法人や正規代理店以外を通じて国内に輸入され流通している商品のことをいいます。
メーカーやブランドと契約関係にない第三者が、海外で一般に流通している商品を買い付けて輸入していることになります。

イメージだとさっきの図に第三者が一行挟まる感じです。

海外メーカーやブランド

海外の直営ショップ、量販店、ネットショップ、 ⇒消費者

第三者が日本に輸入 ⇒消費者

小売店や販売代理店  ⇒消費者

 

並行輸入品は偽物じゃないですよ

並行輸入品は偽物じゃない

 

正規輸入品は、海外メーカーやブランドと契約関係にある法人や代理店から輸入される商品です、という話をしました。

ここで勘違いされることが多いのですが、並行輸入品=偽物じゃないですよ!
「正規」輸入品の逆なら「正規」じゃない、つまり偽物なんだろう、みたいな話の流れなのかもしれませんが、並行輸入品自体は偽物ではありません。

正規輸入品は当然企業間で契約のもとに輸入されるので偽者が混在するリスクは当然ないのですが個人間でも取引が可能で契約の存在しない並行輸入では偽物が混在する可能性はあり得ますし、それを悪用している人もいます。

もう一度言いますが、並行輸入品=偽物でも悪者でもないです。
例えば僕がルイヴィトンのパリ本店でバッグを買ったとします。これは紛れもなく本物だし正規品ですよね。
これを日本に持って帰ってきて販売するとします。その場合には正規品の並行輸入品になります。

なんだか言葉遊びっぽくなっちゃいましたが、意味を理解してお買い物してくださいね!

 

正規輸入品のメリットとデメリット

正規輸入品のメリットデメリット

 

メリット

海外のメーカーやブランドが資金をかけてルートを開拓したり偽物を排除しているので、正規代理店や百貨店で購入すれば確実に本物を手に入れることができます。

また、窓口が日本にあるので購入後のアフターサービスやメンテナンスや修理を受けることができます。

デメリット

価格が高い、コレに尽きます。

為替の影響や流通経費やブランディングのための経費も商品に上乗せされているので、投売りみたいな価格で売られることはまずあり得ません。

 

並行輸入品のメリットとデメリット

並行輸入品のメリットデメリット

 

メリット

正規品と比べて価格が安い。
輸入元のブランドなどからの規制がないので、為替の状況や並行輸入品の販売者の状況次第で価格を自由に決められるため安価になりやすいです。
また、日本未発売の商品も輸入できるのでレアな商品を手に入れることができます。

デメリット

正規品とは逆でアフターケアや修理などが基本的に受けられないことが多いです。説明書も英文がほとんどです。

また正規品と同じ商品だとしても、その仕様や細部が異なっている場合があります。
例えば洋服だとすると、日本のMサイズとアメリカのMサイズは同じMサイズでも当然サイズ感が違います。
当たり前と言えば当たり前なのでデメリットとはちょっと違うかも知れませんが、まったくの同じものだと思って買うのは注意が必要です。

 

アマゾンにおける並行輸入品と正規輸入品(正規品)

アマゾンの正規輸入品と並行輸入品

 

このブログでは輸入ビジネスをメインで紹介してますので、販売する立場で今回の情報をちゃんと理解してないとどういったことが起きるのかも解説します。

正しい出品をしよう

そのまんますぎてそれ以上でもそれ以下でもないのですが、並行輸入品をアマゾンに出品する場合には商品タイトルに「並行輸入品」と明記しないといけないんです。
ただし、以下の場合でも並行輸入品で出品しないといけないので注意してください。

  • 国内に正規輸入代理店がない場合
  • 販売者が継続的な修理や、メーカーによる国内保証が提供できない場合
  • 後から正規代理店が参入してきた場合、また撤退した場合

 

規約違反によるペナルティ

正規品や正規輸入品のページに並行輸入品を出品すること自体はできます。
ですが、購入者のもとに渡ればすぐに分かりますし、なによりもアマゾンからご指摘があった場合、最悪はアカウントの凍結になりかねません。

キッチリと商品ページを分けて出品するようにしましょう!

 

まとめ

並行輸入品と正規品の違いを解説しました。

なかなかちゃんと調べないと分かりづらいですよね。

購入する場合でもビジネスとして仕入れる場合でもちゃんと理解して購入しましょう!

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!