これで通関が確実に早くなる!無料で税関で止まる可能性を減らせて少しでも早く輸入する方法

SPONSORLINK

転送会社や運送会社から発送の連絡を受けたけど荷物がなかなか届かない・・・とかトラッキングナンバーで検索してみたらずっと税関で止まってる・・・とか、皆さん輸入をしていたら必ず体験したことがあると思います。

もうその状況になったら、こちらからできることってまったくないんですよね。
DHLとかFedExから電話が来るのをひたすら待つのみです。モヤモヤしますよね、ものすごく。

今回はそんな解決しづらいお悩みをちょっとした手続きをするだけで解決する方法を公開!しかも無料!!

個人でやってる方はあまりいないらしいです。(DHLの人に聞きました)
何ででしょうね、絶対やった方がいいですよ、コレは!

 

輸出入者符号を取得して税関との信頼を作ろう

信頼関係を作ろう

 

正式には”税関輸出入者コード及び海外仕出人・仕向人コード”と言います。
一般的には”税関発給コード”だったり”輸出入者符号”、”符号”なんて呼ばれています。

コレ何かと言いますと、税関が発行する輸入者ひとりひとりを識別する個別のコード、です。
持っていることでどうなるかというと、輸入するたびにどんなものを輸入したとか、何を何個輸入した、とかが情報として蓄積されていくんです。

当然なくても輸入は可能ですが、これを持ってないと毎回新規の輸入者として通関しているようなものなので、その度にゼロからチェックが行われます。
例えば前にも同じような商品を輸入した実績があるのにインボイスだけでは判断できないような事柄があったらそれだけで通関が滞ります。確認の電話だけならまだしも検査なんかに発展したら結構な時間を拘束されます。

これが符号を持っていたら、以前の輸入実績がデータとして残るので似たような商品の場合はそのデータから信頼されて通関がスムーズにいきやすいです。

輸入すればするほど信頼も高まりますし、同じもののリピート仕入れだけのパッキンだけのときは結構な量だったのにすぐに通関した記憶があります。

 

取得は下記の税関のサイトからどうぞ

税関

法人の場合と個人の場合は提出書類が違うのでご確認ください。
申請したら一週間~10日くらいで符号が発行されます。

発行されたらいつも使う運送業者に符号を伝えればそれでOKです。

 

尚、符号には税関が発行する無料のものと、JASTPROが発行する有料(約7000円)の有料のものがあります。
多少の違いはありますが、無料のもので全然問題ないので税関で申請しましょう。

 

コチラの記事に符号を取得するメリットがまとめられていますのでご参考ください。

JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ)

 

 

リアルタイム口座を作成して快適な関税支払いをしよう

リアルタイム口座を作ろう

 

関税の支払いってどうしてますか??
何の契約もしてなかったら、DHLの場合だったら荷物受取時、フェデックスは受け取り前に振込みが通常だと思います。
振込みの場合はまぁネットとかでできるんでいいんですが、DHLの場合はカード決済か現金ピッタリじゃないとダメですね。

めんどくさいこの関税の支払い、リアルタイム口座でキレイサッパリ解決させましょう!!

口座を作り符号とともに登録することで、通関のときに登録した引き落とし口座から自動で関税を精算してくれます。
これで振込みに行く手間も現金をピッタリ用意する手間もなくなります。

 

お申し込みはコチラから↓

NACCS 輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社

エクセルに記入して申し込みから三週間から一ヶ月で使えるようになります。

 

 

運送会社のアカウントを取得しよう

運送会社のアカウントをつくろう

 

転送会社を使っている場合も、個別に発送する場合もDHLやフェデックスの個別のアカウントを取得すると関税の支払い時や送料でスムーズに進む場合があります。

通関自体にはそれほど優遇されるわけではないと思いますのであくまでもそれ以外の過程の短縮です。

アカウントを作ること自体は各サイトで行うことができますが、オススメは直接電話すること!
初めての輸入の場合はどちらでもあまり変わらないと思いますが、何度か利用してる会社だと送料などでメリットがある場合があるので電話で申し込みをするときには交渉してみてください。

 

まとめ

通関って国をまたいで商品を移動させるので法律とか国ごとの基準とか、難しい事柄が絡むのでよく分からないこととか多いですよね。
ましてや途中で止まってしまったら僕たち素人ではどうすることもできませんよね。

そのためにDHLとかEMSとかに頼んで通関処理をしてもらいます。
そんな運送会社と仲良く付き合っていくことはこれからの輸入ビジネスライフを格段によくすると思います。

是非試してみてくださいね!

 

 

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!