【保存版】輸入ビジネスでリサーチに使うと便利なGoogle Chrome拡張機能まとめ

SPONSORLINK

パソコンを使ってリサーチする上で使った方がいいものにGoogle Chrome(グーグルクローム)があります。
輸入ビジネスをやっている人のほとんどはこのグーグルクロームを使っていると思います。

今日はそのグーグルクロームとその拡張機能にスポットを当ててみようと思います。

これから輸入ビジネスを始める初心者の方はできるなら最初から導入して欲しいし、既に実践している中級者や上級者の方ももし使ってないものがあったら試してみてください。

 

Google Chrome(グーグルクローム)とは

グーグルクロームとは

名前の通りGoogle社が提供するwebブラウザです。
ある調査ではInternet Explorer(IE)よりもシェアが高いとも言われているブラウザです。

Google Chromeってそもそもなに?

上の説明で「ふ~ん」と思った人は読み飛ばしてもらって大丈夫です(笑)

いまいちピンとこなかった方に向けて説明しますね。

一言でいうとインターネットをするためのソフト。

もしあなたが「ブラウザ」という言葉の意味が分からずにこのページを開いたのなら、今まさにこれを見ているソフトがブラウザに当たる。

あなたはすでにブラウザを使ってWebページを閲覧しているのである。携帯でインターネットをするときも、あなたは意識していないかもしれないが、携帯用のブラウザを使っていると言える。

Hatena Keywordより

つまりざっくり言うと、インターネットの中にある情報をあなたのパソコンに表示させるためのソフトです。
インターネットの世界を覗き見るために、あなたのパソコンにある窓といったニュアンスでしょうか。

どんな窓を使うかによってメリットが色々あったり快適にネットを利用できるようになります。

 

Google Chromeはその中のひとつでグーグル社が提供しているもの。
誰でも知っているものだとWindowsのインターネットエクスプローラーが有名ですよね。またMacやiPhoneはSafari‎です。

他にはクロームと同じく拡張機能が優秀なMozilla Firefox(FX/ファイヤーフォックス)や、恐ろしく動作が軽いOpera(オペラ)なんてのもあります。

 

Google Chromeを使うメリット

クロームに変えるにあたって当然メリットがいっぱいあります。
でなきゃおすすめしないですからね!

でも普段から使い慣れているブラウザから変えるのも抵抗がある人もいるかもしれないですよね。

ここからはクロームのメリットに絞ってご紹介。

 

動作が軽い

起動やwebページの描画の反映速度、ユーザーの操作に対する反応速度が速いです。
つまり動作が「軽くて速い」。

ただしIE11から現在のWindows 10に至るまでのアップデートでIEに対するアドバンテージは縮まっているようです。

 

パスワード記憶機能

輸入ビジネスをしていると日本はもちろん海外のサイトや銀行、クレジットカード、運送会社などさまざまなサイトにアクセスします。

ひとつひとつ入力していくのもセキュリティで言えば素晴らしいのですが、サイトの数が増えれば増えるほどパスワードやIDの管理が大変になってきますよね。

そこでこのクロームを使うとパスワードを記憶してくれて次回以降の入力の手間を省いてくれます。

ただし注意も必要!

記憶されたパスワードはインターネット上にあるGoogle管理下のサーバーに暗号化されて保管されています。
近年クラウドサービスやオンラインストレージなどの台頭で敷居が低くなって入るものの、こういった機能を使うならプライベートな情報がどのように扱われているのかは意識するようにしましょう。

 

PC間で共有が可能

もし複数のパソコンで作業をしている場合、どちらのパソコンにもGoogle Chromeをインストールすればグーグルアカウントで紐付けられてまったく同じ機能を使うことができます。

ブックマークしたものや新しく登録したパスワードをもう一方のパソコンで同じ作業をしないでもすぐに利用することができます。

 

翻訳が簡単

導入するとURLが表示されているボックスの右端のマークをクリックすればそれだけでページを翻訳してくれます。
グーグル翻訳をワンクリックで使えるイメージです。

海外サイトを見るときなんかは重宝しますよね。

 

拡張機能が便利

他のブラウザと違う特徴のひとつに拡張機能があります。アプリなんて呼ばれたりもします。

使いづらいと思ったり機能が不十分だと感じた場合には、Googleウェブストアにアクセスしお目当ての機能やアプリがあったら、わずか数クリックであなたのクロームに追加機能をつけることができます。

この拡張機能ですが、グーグル自身はもちろん世界中の開発者によって製作されているので要望に応えるアプリがあるかもしれません。

後ほどせどりや輸入ビジネスで海外サイトのリサーチをするときに便利な拡張機能を紹介します。

 

更新の手間がかからない

最新版のアプデートがあったらバックグラウンドで自動でダウンロードしてくれます。

基本的にアップデートのために再起動が必要はないし、アップデートをしないと定期的に小さな窓が出続けるなんてことはありません。

 

Google Chromeのインストール方法&拡張機能追加方法

こちらの記事にてまとめていますので、興味が湧いた!という方はぜひ参考にしていただいてインストールしてください。

Google Chromeのインストールと拡張機能の追加&管理方法

2015.12.19

 

【保存版】輸入やせどりで使うと便利なGoogle Chrome拡張機能16選

拡張機能まとめ

それではリサーチするときに使うと便利な拡張機能をご紹介します。

入れておくだけで格段に作業スピードが上がるものもあるし、便利だけどデメリットもあったりするものもあるので今の自分の環境に合うものをチョイスしてください!

 

世界価格比較ツール – Amadiff.com

インストール&有効化するとAmazonのカートページの写真の下辺りに表が挿入されます。
ここで日本のアマゾンの商品に対して各国Amazonでいくらで販売されているかを一目で確認することができます。
TAKEWARIの簡易版です。

アメリカだけでなくヨーロッパやカナダなどからも仕入をしている場合はどの国が最安値かすぐに分かります。

ただし、デメリットが何点かあります。

  1. ASINかJANで検索してるので商品が一致しない場合がある(DVDやCDは大体ヒットします)
  2. したがって空欄=販売ナシではないので、それでも気になる商品は結局踏み込んだリサーチが必要
  3. Amazonのページの表示からワンテンポ遅れて表が表示されるので、ちょっとヤキモキする
  4. これを有効化すると広告が表示される

 

クローバーサーチB(アマゾン商品ページで価格比較)

これは日本限定の拡張機能です。
カートの商品に対して日本国内で他に販売しているショップを写真の下に表示してくれます。

結構マイナーなショップも表示してくれるので、特価で売っているところを見つけられたらとても効率よく国内転売の仕入れができます。
ショップ名がリンクなのでそのまま飛べるのと表示が速いのが便利です。

 

SmaSurf for Webブラウザ拡張機能

アマゾンのカートページに他サイトで売られている同様の商品の直リンクを作ってくれる拡張機能。
日本アマゾン→各国アマゾンや日本アマゾン→モノレートなど一発で移動できます。
ただしアマゾン関係のサイトはASINで検索をしていますが、それ以外のサイトに飛ぶときは商品名で検索して各サイトに移動するので、ebayなどのAmazon以外の海外サイトには検索で引っかからないのでうまく飛べません。

もちろん国内で電脳せどりをする場合は、アマゾン→楽天やアマゾン→オークファンなど問題なく移動できます。

カートページを起点に始まるリサーチは、この拡張機能を使うことで確実に速くなります。
各サイトをタブで開いてコピペでリサーチをしている方は一度これを使ってみて欲しいです。

 

Keepa – Amazon Price Tracker

機能が3つあります。

  1. Amazonのカート商品に対して価格の推移をカートページ上で確認できる
  2. 希望価格を登録するとその価格になったらアラートメールをくれる
  3. 本来の使い方ではないですが、検討中リストとして運用できる

日本も海外も対応なので両方の推移を見ながら仕入れ検討することができます。
価格の推移が見れることで今仕入れるべきなのかとか、日本アマゾンでは今価格が下がりつつあるから待とうとか、仕入れに大事なタイミングと判断スピードの精度を上げてくれるでしょう。

また、アラートメールのスピードが速いのですぐにメールを確認すれば取りこぼすことなく仕入れることができます。

 

The Camelizer

ひとつ上のKeepaと基本的にできることは同じです。

ただし、この拡張機能には本家がいまして「camelcamelcamel(キャメルキャメルキャメル)」といいます。
本体を既にお使いの方はこの拡張機能も追加してさらに快適なリサーチにしましょう。

ただし値動きが激しい商品だったり頻繁に確認したい商品の場合はKeepaをメインで使ったほうが情報を早く受け取れるので使い分けが大事です。

 

Does Amazon Ship to …?

輸入ビジネスをされている方のほとんどはMyUSなどの転送会社を使っていると思います。

でもどうしてもすぐに手元に欲しい商品だったり転送のタイミングが合わず個別配送になりそうなとき、ありませんか?
僕は結構頻度が高くて海外セラーに「日本に送ったらいくら?」と聞くこともしばしばです。

そんなときに便利なのがこのアプリです。
有効化することでカートに表示される商品を日本に送れるかどうか、送ったらいくらになるかの大体の目安を事前に知ることができます。

 

Search by Image (by Google)

ヤフオクやヤフーショッピング、楽天では海外アマゾンから買い付けた商品を出品するときに販売元の写真をそのまま使ってる人がほとんどです。驚くほど多くの方が画像をそのまま流用して使ってるんですね。

新規カタログを作るような人のほとんどは恐らく輸入ビジネスの中級者以上の方です。初心者からやるにはハードルが高すぎるので。
新規カタログを作るというのは、独占市場で俺様価格で販売することを目的としています。
ただし、検索にヒットしないような商品名をつけたり売れてない雰囲気を出すことでうまーく隠してる人も多いんです。
なのでそんな商品を見つけることができて相乗りできそうだったらとてもおいしい商品なんです。

どうやって調べるかというと、グーグルの画像検索を使います。
でもこれ画像を保存したりURLで指定したりとちょっと手間なんです。

そんなときはこれを使いましょう!
あらかじめ有効化をしておけば、調べたい画像を右クリックして検索するだけで画像検索ができるようになります。

検索にひっかからない商品名でこっそり売っているセラーを丸裸にして相乗りしちゃいましょう!

 

Amazon.co.jpのほしい物リストに追加

アマゾンには欲しいものリストというのがありますよね。これは当然アマゾン内でしか使えません。

この機能は、他のネットショップで欲しいものがあったとしてもそれをアマゾンの欲しいものリストに追加できるんです。
もちろんアマゾンに出品されてなければできませんが、リスト化することで計画的な仕入れができるようになります。

他サイトの人気商品がもしアマゾンに出品されてなければそこから仕入れてアマゾンに出品するというのもありですよね。

 

Tジャンパー

以前はTAKEWARIに直接飛べるクロームの拡張機能があったのですが、なくなってしまったのでそれと同じ機能をもつものです。

アマゾンのカートページを表示させた状態でURLバーの右端の「T」のマークをクリックでTAKEWARIに移動できます。

日本だけでなく海外の各国アマゾンでも使用できます。

 

AMZ Seller Browser

アマゾンの検索結果一覧にその商品の

  • 現在のランキング
  • Amazon本体の有無
  • FBA出品者数
  • 同一ブランド検索ボタン
  • ランキング変動グラフ(camelcamelcamelを使っている場合にポップアップ)
  • 価格変動グラフ(camelcamelcamelを使っている場合にポップアップ)

を見ることが可能です。

通常の検索結果に一歩送れて表示されるのでちょっとヤキモキします。

ですが、上記の情報は有料のリサーチツールで得られる情報と同じ価値だと思いませんか?
無料で使えるの拡張機能で有料ツールの内容をカバーできている数少ないアプリです。

あまり使ってる人を見たことがない拡張機能ですが、コレ結構神がかってると思います。

 

Scroll to Top Bar [BBmod]

1ページの縦の長さが異常に長いページがあったりしますよね。

そんなときはこのアプリです。

下にスクロールすると画面上部に薄い黒のラインが現れます。
それをクリックすることでページの最上部にワンクリックで戻ることが可能になります。

 

Session Buddy

パソコンでリサーチをするときってタブを何個か開いて切り替えながらやりますよね。

これは開きたいページのグループを作成することで、ワンクリックでまとめて希望のページを開いてくれるものです。
例えば日本アマゾン&モノレート&FBAシミュレーターの三つを登録しておくことで一瞬で3つ分のページを開けるわけです。

また、これには開いたページの記憶機能もあります。
長い時間をかけてたくさんリサーチをしていると間違ってページを閉じてしまったなんてことも起こりえますよね。
そんなときはこのアプリから再度開くことができます。

 

通貨変換コンバーター 忍者

有効化することで出てくるボタンをクリックすると専用のボックスが開きます。
そこに指定の通貨を最新のレートで換算してくれます。

世界202カ国の通貨に対応しているのでドル円や元円じゃなくても使うことができます。

 

淘淘搜比价(淘同款)

中国版クローバーサーチです。
淘宝(タオバオ)の商品ページに同じものを売っている他店の商品プライスを表示させてくれる拡張機能です。
価格の比較はもちろんですが、検索精度が低いせいなのか類似品も見つかったりします。

数少ない中国輸入で役立つGoogle Chrome拡張機能です。

 

Google 翻訳

その名前の通りグーグル翻訳の拡張機能です。

クロームをお使いであればそれだけで十分翻訳には対応しきれていますが、この機能を使うと、

  • 選択するだけでその単語や文章の意味を表示してくれるボックスがポップ
  • 選択したものの近くに翻訳ボタンがでる
  • 本家グーグル翻訳サイトにもすぐとべる

いちいちグーグル翻訳を開いてコピペしないでもよくなります。単語の意味をど忘れしたときなんかはさくっとしらべられて便利です。

 

Extensity

たくさん拡張機能をご紹介しました。

有効化しておいたままだと当然バックグラウンドで進行していたり常駐タイプのものもあったりします。
つまり、いっぱい有効化するとその分だけ重くなるということ。

せっかく軽快に動くクロームでもこれじゃあ意味ないですよね。

そういったときにはこの拡張機能をダウンロードしましょう。
2ステップで拡張機能のON/OFFを切り替えることができます。

 

まとめ

たくさん紹介しました(笑)
自分でも改めてこんなに拡張機能を使っているんだと思い直しました。もちろん常に全部使ってるわけじゃないですけどね。

いろんなところで紹介されているGoogle Chromeですが輸入ビジネスに必要なのは今回お伝えしたもので十分足りると思います。

もし、こんなに良いアプリ見つけたよ!というのがあったらぜひとも教えてください!

 

最後にGoogle Chromeのダウンロードや拡張機能の追加&管理方法は下記を参考にしていただければ幸いです。

Google Chromeのインストールと拡張機能の追加&管理方法

2015.12.19
SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!