売れる商品が見つかりすぎて困る!amazon商品リサーチ 応用編

IC_売れる商品が見つかりすぎて困るamazon商品リサーチ応用編
SPONSORLINK

みなさんリサーチにどれくらい時間をかけていますか?

大事な作業ですので時間をかけるのは間違っていないと思いますが、もっと効率の良い方法ないのかなと思っている人も少なくないはずです。

今回はアマゾンリサーチの応用編をご説明します。

コチラの記事を理解していることが前提となりますのでまだ読んでない方は是非読んでみてください。

実は僕はほぼ今回ご紹介する三つの方法でしか現在は仕入をしていません。
それだけ効率的だし、知ってるだけで使えるやり方なので真似してみてくださいね!

アマゾンの関連商品から売れる商品を探す

関連商品からうれている商品を探そう

アマゾンの商品ページをちょっと下にスクロールすると「よく一緒に購入されている商品」という欄と「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」というところがあると思います。

前回の方法でこの商品を見つけた場合、「一緒に購入されている商品」と「関連商品」も輸入品である可能性が非常に高いです。
ココの商品で利益の出そうな商品を手当たり次第リサーチしていきます。

実際ここでみつかる商品は色違いだったり、付属品や消耗品や部品だったりしますので回転率が結構高いものが見つかる可能性があります。

ebay(イーベイ)セラーに直接取引交渉をする

ebayセラーに直接交渉をしよう

 

売れる商品を見つけるのとはちょっと違って、すでに売れると分かっている商品をebayセラーに直接交渉して利益幅をさらに広げようという方法です。

ですが、アマゾンもイーベイも購入者とセラーがサイト外で連絡を取り合うことは禁止されているんです。手数料で儲けられないから当然ですよね。
サイト内の連絡手段を使えば当然やりとりはできるのですが、そこにメールアドレスとか書いてしまったら最悪アカウント停止になりますので絶対にしないでください。

じゃあどうするんだよ・・・ということなんですが、イーベイだけは直接連絡をすることが可能なんです。

ズバリ、

paypal(ペイパル)決済完了のメールからセラーにメールを送る

です。

イーベイで決済するときpaypalで支払をしますよね。支払でも受け取りでも登録するときにメールアドレスが必須なんです。
それが取引をした当事者間には公開されるんです。

いっぱい買うから安くして!とメールを送りましょう。(実際はしっかりお願いしてくださいね)
当然英語ですが翻訳サイトで作った文章でも全然問題ないです。

相手も商売なので断られることもあります。というか基本的に断られます。
でも交渉が成功して誰よりも安く仕入れられるんだとしたらビジネスの幅が広がること間違いないです。

アマゾンの優秀なセラーから売れる商品を探す

優秀なセラーから売れている商品を探そう

 

輸入ビジネスをしているセラーはその商品のほとんどが輸入品である可能性が非常に高いです。
ですので利益のとれそうな商品をいっぱい扱っているセラーやたくさん売ることのできる商品を扱っているセラーを探して、その取扱い商品をマネすることで簡単に自分もワンラックアップしたセラーになれます。

イケテるセラーを探す方法

 

 

ありません!

優秀なセラーなのかは販売している商品を見てみること以外に確認する方法はないです。

でも、事前に何個か条件を決めておくことで見ないでもいいセラーを振り落すことができます。

  1. 評価数が100以上
  2. 過去12か月以内の評価が90%以上
  3. FBAを利用している
  4. 出品ページが10ページ以上

①と②はアメリカアマゾンから仕入れるときの基準に似ていますね。

僕は、この人スゲー!と思ったセラーはブックマークして定期的にチェックしています。

セラーリサーチの二つの注意点

注意点1
アマゾンで販売するセラーの仕入先は主に4つあります。

アメリカ・ヨーロッパ・中国の3つと、日本国内流通品を仕入れる場合です。
この4つの仕入先の中でアメリカから仕入れている人だけが今回の対象です。他の仕入先を使っているセラーの商品を頑張ってリサーチしても意味がないです。

注意点2
個別のセラーの販売ページから商品をクリックすると、商品ページにはその出品者しか販売していないように表示されます。実際のカートボックスの価格と誤差がある場合があります。

セラーリサーチの方法

それではセラーリサーチの手順をご説明します。

実際に出品されている商品を参考にするのでモザイクだらけになってしまっているのはご勘弁を・・・。

 

  1. カートボックスの「新品の出品」をクリック
    応用編商品選定

     

  2. 出品者一覧が表示されるので基準を満たすセラーを探してクリック
    応用編セラー選定

     

  3. 出品者の商品一覧から利益の出そうな商品を探す
    応用編リサーチ商品選定

     

  4. 商品をクリックすると、その出品者しか販売していないかのような商品ページが表示されるので、ASINをコピーして新たに別のタブで開いたアマゾンで検索。
    応用編商品ページ

     

  5. 実際のカート価格を参考にモノレートとFBAシミュレーターでリサーチ
    応用編商品ページで出品者が多数いる

     

  6. 他の商品もリサーチ

 

これ以降は通常の手順と同じで利益が出そうならアメリカアマゾンやebayなどから仕入れましょう。

どんなに優秀なセラーを見つけたとしても、利益のでる商品はそのセラーの出品商品全体の2割程度だと思ってください。

まとめ

アマゾンリサーチの応用編は以上です。

一個だけでも利益のとれる商品を見つけることができれば、あとは今回の方法を使ってどんどん良い商品を探すことができます。
正直言って資金が足りなくなるほど見つかるので計画的に仕入をする必要さえ出てきます。

リサーチで苦しんでいる方は是非試してみてください。

SPONSORLINK

IC_売れる商品が見つかりすぎて困るamazon商品リサーチ応用編

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!