amazon輸入ビジネス 個人輸入を始めよう!商品リサーチ 基礎編

アマゾン輸入を始めよう基礎編
SPONSORLINK

海外から輸入と聞くと難しいと感じる方も多いと思いますが、アメリカのアマゾンebayというアメリカの二つの通販サイトを使うことで手順としては簡単に行うことができます。

今回はアメリカで仕入れて、日本のアマゾンで売ることを前提として、日本で売れる商品の見つけ方とそれを海外サイトで売っているかを調べる方法をご紹介します。
いわゆるアメリカから輸入する「電脳せどり」のリサーチ方法です。

色々な方法がインターネットで紹介されていますが、その基礎中の基礎とも言える内容になっていますのでしっかりと理解して実践してください。

輸入ビジネスとは

すごくざっくり言うと海外で安く商品を仕入れて国内で販売して利益を出すビジネスです。

今回の場合に当てはめて言うならば、日本国内で売れている商品をリサーチして、アメリカから日本までの送料や販売手数料などの経費を差し引いても利益のでる商品を仕入れることです。

つまり大事なのは、

  • 日本で需要があること
  • 経費を差し引いても、日米で価格差があること

この二点に集約されます。

需要があるかなんて分からないし、いくらで売れるかも分からないのにいきなり海外から仕入れるなんて怖いと思うかもしれません。しかし今回ご紹介する方法を使えば、

  • 仕入れる前に需要があるかを調べられる
  • 仕入れる前に経費の計算ができる

なので、事前に限りなくリスクを最小限にすることが可能です。

 

輸入ビジネスの商品リサーチをするサイト

amazon.co.jp(日本のアマゾン)

ひとつのポイントでもあるのですが、今回ご紹介するのは日本で売れている商品を仕入れるということです。
つまり自分が参入しようとするマーケットのリサーチを事前にしっかりすることが必要になります。

amazon.com(アメリカのアマゾン)

日本で売れている商品をアメリカのアマゾンで出品されているかどうかを調べます。

もちろんアマゾン以外から仕入れるのも非常に有効なのですが、アマゾンには「ASIN」といういわゆるアマゾン品番が各商品につけられていて、なんとこれは全世界共通なんです。

つまり売れそうな商品を日本で見つけた場合、そのASINをアメリカのアマゾンにコピペして調べることで仕入価格を簡単に調べることができるんです。
もちろんアメリカだけでなくメキシコアマゾンでもブラジルアマゾンでもイギリスアマゾンでも同様のことが可能です。

ebay

あまり馴染みのあるサイトではないかもしれませんが、日本ではよく「全世界版ヤフオク」と例えられることが多いです。

  • 出品商品数 : 2~3億 (ヤフオクは700万~900万)
  • 会員数 : 1.5億人 (ヤフオクは500万人)
  • 一日の訪問者数は約1100万人、ページビューは10億
  • 一日で5万種類以上、300万個以上のアイテムが取引される
  • ebay上の約20%は国際取引

※数字は概算です。

つまりものすごく大きくて世界規模でみたらトップクラスのオンラインマーケットということです。

ebayのメリットは、利用者が多いので安い、paypalが使えるので安心して取引できる、この二つに尽きます。

商品リサーチに必要なツール

感覚で仕入れるのではなく実際のデータを見ながら仕入れることで限りなく失敗する可能性を減らすことができます。
どれも無料のツールなのでブックマークしておくことをオススメします。

モノレート(旧アマショウ)

リサーチ方法基礎_モノレート画像
http://mnrate.com/past.php

ASINや商品名を入力することで、現在までの新品と中古商品の「最安値」「出品者数」「ランキング」の動向を調べることができます。

デフォルトでは3か月ですが、6か月・12か月・全期間も見ることができます。

自分の目星のつけた商品が今までどうだったのかを確認し、仕入れるかどうかの判断材料にできる重要なツールです。

FBA出品シミュレーター

リサーチ方法基礎_FBAシュミ画像
https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

アマゾンが提供するサービス。

ASINと売値を入力することでその商品が実際に売れた時の手数料を計算してくれるツールです。

グーグル翻訳

リサーチ方法基礎_グーグル翻訳画像https://translate.google.co.jp/

基本的に英語はあまり使いませんが、やっていくうちに当然分からないところが出てきます。念のため用意しておきましょう。

グーグル翻訳でなくても使い慣れたものがあればそちらでも構いません。

ささっとポンド・キロ・オンス計算

リサーチ方法基礎_重さ早見表
http://lb.aimary.com/

日本で重さの単位は「キロ」や「グラム」で表示されますがアメリカでは「ポンド(pounds・lb)」や「オンス(ounces)」で表記されるのが一般的です。

アメリカから日本に送るときには大体1グラム1円で換算できますので、自分の中で理解しやすくするためにも「キロ」「グラム」に置き換える必要があります。

アメリカ輸入の商品リサーチ方法

それでは実際のリサーチの手順をご説明します。

日本のアマゾンで売れている商品を探す

  1. トップページの検索ボックスから「並行輸入」と入れて、左の「すべて」のタブをクリックしてカテゴリーを決めて、検索をする
    他に有効な検索ワード
    輸入、アメリカ(版・盤)、北米(版・盤)、日本未入荷、日本未発売、などなど
    リサーチ方法基礎_検索

     

  2. 「並べ替え」で「注目度」を選択。
    ここまでで日本のアマゾンで販売されている「並行輸入」品の注目度順、つまり売れている商品順に表示されています。 リサーチ方法基礎_注目度順
  3. 順番に利益が出そうな商品を探す。
    今回はコチラの商品を見てみます。
    リサーチ方法基礎_商品

     

モノレートで裏付けをする

  1. 商品のASINをコピーして貼り付けて「GO! 」
    リサーチ方法基礎_モノレート

     

  2. 上から3番目のランキンググラフを見て、月に4個以上売れているかを確認する。
    グラフが下に下がっているのがランキングが上がったサインです。月に4個以上売れているというのは直近一か月で谷が4個以上あるということです。
    今回はランキングが上位でギザギザが分からないくらい売れているようですね。需要はバッチリです。
    リサーチ方法基礎_ランキング

     

アメリカのアマゾンで価格を調べる

  1. トップページにASINを入力して日本アマゾンで調べた商品と同じものを検索する
    リサーチ方法基礎_アメリカアマゾン検索

     

  2. 「New」をクリックして出品者一覧の中から最安値の出品を確認 リサーチ方法基礎_アメリカアマゾン最安値検索

     

  3. その日のレートで換算した日本円を算出
    「shipping」と「estimated tax」がある場合は商品価格に含めて計算します。 リサーチ方法基礎_アメリカアマゾン最安値セラー

     

ebayで価格を調べる

  1. アメリカアマゾンで調べた商品名をトップページの検索ボックスにコピペして検索
    「:(コロン)」や「;(セミコロン)」「/(スラッシュ)」などは消した方が検索がうまくいきます。 リサーチ方法基礎_イーベイ検索
    リサーチ方法基礎_イーベイ検索2

     

  2. 左側のカテゴリーで条件を絞り、「Condition」を「New(新品)」にする
    「Buy it now(今買う、オークションではなく即決価格という意味)」を選択
    「sort」を「price + shipping: lowest first(商品価格+送料の安い順に表示)」を選択 リサーチ方法基礎_イーベイ検索ソート

     

  3. 最安値をその日のレートで換算した日本円を算出

今回はアメリカアマゾンで仕入れた方が安いみたいですね。

FBAシミュレーターで利益がでるか確認する

  1. ASINを入力して「検索」
    リサーチ方法基礎_FBAシュミ

     

  2. 「FBA発送の場合」の「商品代金」に日本アマゾンのカートボックスの価格を入力して「計算」
    リサーチ方法基礎_FBAシュミ金額入力

     

  3. 「販売手数料」「カテゴリー成約料」「フルフィルメント費用小計」が必要経費で「費用/コストの小計」が費用の合計、「計上額」が実際に売れた場合に入金される金額です。
    リサーチ方法基礎_FBAシュミ結果

     

利益計算をしよう

販売価格-(仕入値×関税など(10%)+輸入送料(1g=1円))-販売経費=利益

簡単に式に表わすとこんなかんじです。
販売価格-販売経費はそのままなので特に説明はいらないと思いますが真ん中の部分だけ説明します。

仕入価格×10%の10%は、関税と税関にかかる費用です。実際は商品によって異なるしもっと少ないかもしれませんが、計画の段階では多めに見積もるために10%としています。
また為替変動の誤差もここに含めています。

輸入送料(1g=約1円)は、アメリカの転送会社から日本の手元に送るまでの送料の概算です。
当然転送会社と荷物の中身によって違いますが、今回はMyUSという転送会社で荷物はいたって普通のものとします。

今回の商品を式に代入すると、

2680-(1482×10%+160)-726=460

となります。
レートは1ドルを124円(2015.8.7現在)で計算しています。

仕入をしよう

売れているものを見つけて、安い仕入先を見つけて、利益と経費の見積もりをして、ここまでしっかりとやってやっと実際に仕入をします。

今回の商品の例だと、一個売れるごとに利益は460円、直近の実績を見ると一週間に5個程度売れているようです。
このデータを見て、仕入れるのか今回はやめるのかを検討することになります。

まとめ

あまり利益のでる商品だと出品してる方々にもご迷惑がかかるので今回はギリギリ利益の出る商品をあえて選びました。

文字で説明するとちょっと長くなってしまいましたが、慣れてしまえば1商品数秒でどんどん見ていくことができます。

すごく基本的な手順なのでマスターして利益の出る商品をいっぱい見つけましょう!

SPONSORLINK

アマゾン輸入を始めよう基礎編

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!Web Merchandiserとして活動しています持田と申します。 amazonとヤフオクで儲かる輸入ビジネスのノウハウを紹介していきたいと思います。 ご意見・ご質問などはお気軽にお問い合わせください!